スタッフブログ

花瓶の金めっき依頼がありました。

2017年06月02日

上越市内の紅葉幼稚園様から、花瓶の金めっき依頼がありました。

私(専務)自身が卒園生であり、また息子が在園中のため、

一生懸命やらせていただきました。

 

 

真鍮の素材を研磨して、クリア塗装処理がされていたようですが、

塗装がはがれ、人の手に触れるところは変色し、

亜鉛の錆(白錆)も出ていました。

 

真鍮という素材は、銅と亜鉛の合金のため、

銅が錆びると青錆(緑青)が発生し、

亜鉛が錆びると白錆が発生します。

(ちなみに鉄は赤錆が発生します)

 

当社にて、

研磨⇒ニッケルめっき⇒金めっき

を処理いたしまして、きれいに生まれ変わりました。

 

 

当社には、バフ研磨の職人はいないため、

素材の凹凸がまだ残っておりますが、

見た目は大分きれいになりました。

 

やはりめっきというものは、下地処理や前処理が重要だと改めて感じました。